ねこえほん猫と暮らせる幸せに感謝
人生も犬猫生も共に幸せでありますように

| CALENDAR | RECOMMEND | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE | OTHERS |


《保護猫さんたちのご家族募集ブログ&ねこばなし》

出会い待ちねこの情報はこちらを!
ねこの会・津久井(相模原市)



28-3茶白ちゃん♂ 生後3ヶ月 わんぱく盛りです(^^) 04:44

 

 

なかなかお問合せがなかったのですが

ここにきてお問合せ&検討中の方が♪

ありがたいです〜

 

大人猫たちは誰も(いちくん、イブちゃん、ふうくん、クロベエ、まーさん、

くろちゃん、キジちゃん、タビちゃん他他)相手をしてあげないので

ひとりっ子状態が続いています・・・


とりあえず近況写真を































猫さんたちが気になる気になる



積極的に近づくけれど(猫パンチ含み^^;)



大人猫さんたちは匂い確認まで

 

大人猫さんたちは子猫に何をされても相手にしません

 

ふう・・・だれか教育的指導をしてくれないかなぁ・・・

 

遊び大好き、抱っこゴロゴロちゃんですが

噛み噛みが興奮すると痛いのよね。。。

 

 

 

 

 

 

 

 

| ご家族募集猫さんたちの近況 | comments(1) | trackbacks(0) | posted by ワカバ -
チビちゃん、復活!♪ 05:31

 

 

。とりあえずのご報告〜

  ミケコさん、手術も無事終わり順調

       ただ環境を変えない方が良いと思うので、抜糸までもう少し入院中です

       結石は検査の結果、シュウ酸カルシウムだと分かりました

       手術して良かったです〜〜〜

 

 

さて、チビちゃんのその後です

退院後、補液と強制給餌をしていましたが

入院時同様、帰ってきても強制給餌を受け付けない・・・

その嫌がり方が、とっても痛そうなんです

 

お口の中が痛いなら

麻酔が使える内に、とりあえず抜歯して頂いて可能性を消去したい

9月23日にどらみちゃんの抜歯と同じ動物病院へ

歯はほとんど残っていないけれど

残っている歯の状態は悪く、犬歯含み全て抜歯となりました

 

その後も自分からは全く食べず

補液と強制給餌が命綱

舌を出して頭を振る動作は続いていますが

強制給餌のときの嫌がり方(痛がり方)は徐々に緩和

 

手術後2週間を過ぎた頃、初めて自分から口に入れたのがまぐろ削りのみ!

それからシーバを舐め始め(カリカリですが)

メルミルを舐め

1ヶ月近く経ったここ数日、やっと食べる量が増え始めました

 

強制給餌を止めてみましたが

体重も2.5圓魄飮しています

 

他に原因があるかもしれませんが

とりあえず、チビちゃん、復活かな?


相変わらず目力強し♪



人なつっこさも折り紙付き〜



元気になれば新しいご家族を探せるかも!



長い間自分からは食べていなくても

いたって元気

おもちゃに眼がないチビちゃん


おもちゃ遊び大好きです

 

同じお家で暮らしていた白ちゃんと

でもふたりは全くお互いに興味なしですが^^;

 

抜歯後1ヶ月、お口の中も少しは馴染んできたはず

このまま良い方向に向かいますように!

 

-------------

 

こちら、昨年5月に引き受けたチビ太くん

今年は13歳にはなっているはず

 

お口の中が酷い状態で

今年の初め頃、ヨダレを垂らしたまま食べなくなり一部抜歯

大食漢が復活していましたが

最近どんどん痩せてきて

 

元気はいっぱい

よく食べよく動く

毛艶もピカピカ

でも体重が・・・・・



ということで甲状腺機能亢進症の検査他

レントゲン、エコー、血液検査をしていただきました

 

結果は甲状腺→正常値

他も特に原因となるような悪い数値は見当たらず・・・

 

う・・・・・・ん・・・

ご機嫌で食べている内は

このままご機嫌でいてもらうことにします

 

とっても痩せてきているけれども・・・

 

 

 

 

------------

 

もうひとり

我が家のふうくんも9月から急激に体重が減り始め

強制給餌もしているけれど止まりません。。。

 

シニア猫が多いから

いろいろいろいろ起こります

 

 

 

 

| ご家族募集猫さんたちの近況 | comments(1) | trackbacks(0) | posted by ワカバ -
ミケコさん、本日手術〜 09:32

 

 

野良ッ子から保護したミケコさん

 

少し触れるようになってから

マッサージの気持ちよさに開眼し

少しなら抱えて移動もできるようになりました





 

 

元気だけれど

ずっと血尿&頻尿を繰り返していて

抗生剤を何度か変えて処方していただいたり

結石を溶かすフードもできるかぎり与えたりしていましたが

一向に良くならず

最近はあちらこちらに血尿が垂れるほど


 

 

10月6日他の猫たちの往診で獣医さんに来て頂いた日

慣れない気配に野良ッ子たちは一斉に雲隠れ

ミケコさんも狭い隠れ家に入り込んでいたので

洗濯ネットで捕獲し動物病院にお持ち帰りいただきました

 

検査結果は・・・

 

 

なんと、1cmにも成長した結石が膀胱の中に

 

腎臓にも小さな結石があります

 

 

13歳くらいにはなっている猫さんだけど

血液検査の結果は悪くないそうで

今の機会を逃したら手術もできなくなるかも・・

 

このまま様子を見ても悪くなるだけだし

思い切って手術していただくことにしました

 

 

自由を奪われてオコッテマス。。。

 

自由にしている猫さんなので

捕まえようとすると逃げます

一度捕まえたので用心深くなってしまいましたが

昨日1時間くらいかけてなんとか捕獲

入院させました

 

今日、手術予定です

無事終わりますように・・・

 

 

攻撃性のない穏やかな猫さん

洗濯ネットに入れて爪も切れました

回復したら

シニアの猫さんだけど伴侶動物になれないかな・・

 

 

 

 

 

| 保護猫さんたち | comments(1) | trackbacks(0) | posted by ワカバ -
生後2ヶ月茶白クンのおうち募集を開始します♪ 09:29

 

 

えっとーーー・・・(汗

毎日、脳内ではその日のできごとをご報告しているのですが^^;

ブログアップがままならず

月日はあっという間に過ぎてしまいます

 

8月25日、毎年の苦手仕事がやっと片付き

午前中に打ち合わせを終了したその午後、電話が鳴りました

子猫1頭が持ち込まれたそう

 

スゴイタイミング!

 

今年はどうにも忙しくて、子猫シーズンに対応できるかなと気になっていたけれど

夏も終わるこの時期まで子猫は1頭も連絡がなく

もしかして、保健センターの方が気を遣われた??と確認してみたら

本当に1頭も持ち込みがなかったそう

そして、ひとつホッとしたその日の午後に

肩慣らし?のように(笑 1頭だけ

 

 

◆28-3:250gの茶白クン♂です(^^)

1ヶ月半の記録を一気にご紹介〜〜〜^^;


乳歯がもう少しで覗きそう トコトコ・・コテッとよろけながら歩きます



フロントラインでノミは落ちたかな

野良ッ子みたいで身体は結構汚れてます



そして喉に点々とブツブツが・・・

膨らみが気になるのと、ミルクを吐いたので動物病院へ

 

ブツブツは感染を起こしたのではないか、大きくなるかどうか

様子を見ましょう、ということになり

 

子猫が吐く・・・・→ パルボコワイ

で、まだ下痢はしていませんがパルボ検査も

 

こちらはとりあえず陰性(まだ潜伏期間有りですが)



ホッとして家に帰り着いてしばらくすると

 

水下痢!!!

何度も〜

 

すぐに動物病院に引き返し




フレッシュなウンチで検査して頂きました



が、やはり陰性・・・良かったけれど

潜伏期間が明けるまでまだまだ隔離は続きます

 

やっと、吐き気もなく、水下痢も収まり

潜伏期間も過ぎて

居場所を移動しました


可愛いね〜

 

この時期、また下痢が酷くなりましたが

こちらは体重の増加を待って駆虫で快便に


 

健康状態も落ち着いて早めの離乳がイイ感じです

 

ただ、兄妹がいないので退屈&社会化がた〜いへん!!!



喉のブツブツは小さくなってきています



そろそろ募集開始ね



と思っていたら

気になっていた小さなハゲがあちこちに


右腕うっすら



毛をよけると・・・



左足もうっすら



拡大・・・



手指や尾の先っぽ、顔にはないけれど

イヤ〜な感じなので乳酸菌浴を


たっぷり・・・




左耳含み、計4箇所


怪しいので、動物病院で真菌の培養検査をして頂きました

(2週間後の結果は陽性、つまり真菌確定!)

 

乳酸菌水が患部にいきわたるよう

ハゲの周りをバリカンでカットしていただき・・・


抗真菌薬は強いので回避

今までの子猫たち同様、乳酸菌浴で対処です



ということで、募集はお預け〜〜〜(;_;)



子猫の成長は、ホント早いです〜

そうこうしている内に

生後2ヶ月近くになりました



真菌があるので他の猫たちと接触させられないし

いろいろ噛みたいお年頃

社会化とパワー発散がね・・・・・



さて、乳酸菌水始めて約20日

毛も生え揃ってきました♪









腕、拡大〜







足、拡大〜



喉〜〜〜



濡らしても


皮膚の状態はほぼきれいになっています



足は小さなブツがまだ少しありますが

 

ワクチン接種を兼ねて動物病院で診て頂きました












 

ガマンできたね〜♪

 

真菌はもう大丈夫

残っている足の小さなブツは真菌によるものではないのでは、とのことで

様子見で大丈夫とのこと

 

これで、晴れて募集開始できます♪♪♪

 

 

昨日、10月10日のボク



ほぼ生後2ヶ月



1回目のワクチンも終わり



社会化もボチボチ

とりあえず本噛みは甘噛み&ガマンを覚えましたよ(多分^^;)



抱っこ大好きなゴロゴロちゃんです



良いご縁に恵まれますようにm(_ _)m







--------------

 

チビちゃん、毎日の補液と一日3回の強制給餌でなんとか体重維持

元気は元気なんですけどね

この間の詳しいご報告はまた後ほど

 

 




 

| ご家族募集猫さんたちの近況 | comments(2) | trackbacks(0) | posted by ワカバ -
近況報告  その1 00:00

 

ホンにお久しぶりの更新で恐縮です

日々、猫さんたちのお世話に勤しんでおります

 

我が家の猫さんたち5頭の内、比較的若い3頭(12歳、10歳、8歳)の健康診断の結果

12歳のふうくんが腎不全第3期であることが判明

元々腎結石もあり、血尿もよく繰り返しているし

兄弟のカートくんは原因不明の急性腎不全で亡くなっているし

ここ2週間で食べる量が減り体重も5〜6%も減ってしまっていて

一番心配していたのですが・・・

 

 

 

そんな中、5月9日に引き受けた13歳のチビちゃんが

8月下旬に大量の嘔吐後、全く食べなくなり

鼻水・鼻血を飛ばす状態で

通院治療を続けていましたが改善されず

 

8月末から16日間入院して検査と治療を受けていました

 

引き受け時に、長い間(6年以上?)肝臓の数値が悪いと聞いていて

実際検査を受けさせると、かなり数値が悪かったのですが

 

各種血液検査の結果は、これといって原因となるような数値は見当たらず

肝臓の数値も改善されほぼ正常値の範囲になっていました

エコー検査で膵炎の可能性があるとのことで

治療を受けてきましたが

自力で食べることをせず、強制給餌も飲み込まなくなり

入院によるストレス?の原因を排除するために一旦退院して様子をみることになりました

 

が、帰ってきても食べ物の匂いを嗅ぎにくるけれど(食欲はある?)全く食べません

退院サポートを強制給餌してみましたが5ccがやっと・・・

病院で嫌がって出すようになっていたとのことなので

ad缶に変えて、やっと10cc

 

翌日は、もっと嫌がり10cc入れると口から出してしまいます

 

さて、どうしたものか・・・

飲み込んでくれなければ鼻からカテーテルを通してと聞いています

 

残る検査はCTやMRIで腫瘍などを調べることになりますが

例えば腫瘍が原因だったとして13歳のチビちゃんに

手術や抗がん剤の治療をするのか・・・

 

チビちゃんの今後をどうするか

自分の保護猫へのスタンスを再確認です

 

・人と暮らしてきた猫さんを殺処分ではなく

 その子の命を全うさせてあげること

・一分一秒でも長く生きてもらう延命治療ではなく

 QOLをできるだけ良くして暮らしてもらうこと

 

これ以上の入院検査は費用的にもかなり負担になるし

一人でのケアは限界があります

動物病院の先生と相談し

ステロイドを試しながら、飲み込める範囲で強制給餌をし

このまま見守ることにしました

 

 

 






 

 

 

 

 

 

 

 

 

訴える力の強いチビちゃん

どうして欲しいのかな・・・



元気に動き回っているけれど

当然、体重は激減しています・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| ご家族募集猫さんたちの近況 | comments(1) | trackbacks(0) | posted by ワカバ -
| 1/313 | >>