ねこえほん猫と暮らせる幸せに感謝
人生も犬猫生も共に幸せでありますように

| CALENDAR | RECOMMEND | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE | OTHERS |
わかばちゃん 18:32
 わかばちゃんとお別れしてから1年が経ちました
みなさまの励ましとお心に感謝を込めて


去年のお正月、大好きな袋と戯れご満悦なわかばちゃん




笹の葉が好きでいろんな表情を見せてくれました














わかばちゃんと暮らせて幸せでした
ありがとね

人のそばで生きる猫さんたちにも優しい社会でありますように
これからも見守っていてね


ありがと〜〜〜〜〜








| わかばちゃん 2002/4/17〜2009/2/27 | comments(4) | trackbacks(0) | posted by ワカバ -
慟哭 03:50
14日目、少しずつリンゲル液など片づけてみた・・・・・

何度名前を口にしただろう
何回名前を心の中で呼び続けただろう

慟哭をもってしか、押し寄せる哀しみに為す術はない

日常の光景に姿を求め、夜の静けさに怒濤のようにわき起こる悲しみ

愛する命を失った哀しみ
至らなかった自分へのやるせなさ

そんなときは声をあげて泣き、起き上がってわかばのアルバムを開く
救ってくれたのは、一枚の写真
そこにいるわかばが語りかけてくれたから


「何やってんだか」わかばらしい生意気な表情

やっと落ち着いて眠ることができた

じっと耐えていたわかばを思うとき、どんな悲しみにも痛みにも耐える勇気がわいてくる

お別れの前に、しっかりとこの手に感触を残したくて、心に刻み込むように何度も撫でた
だからこの手に今も思い出すことができる
ありがとう

まっすぐに生きる命と暮らすことは、心を強くしてくれる
いつか必ず会える、そう信じている
そんなふうに思える命と暮らすことができて、我が人生感謝あるのみ

今はまだ、わかばのことを口にすれば涙するしかないけれど
この心の痛みもわかばがくれた幸せな時間と共に、私の大切な心の糧となるだろう

ある方からこんな言葉を頂いた
「私たちは猫という素晴らしい伴侶に恵まれて、どんなにか倖せでしょう。
生きてる限り、恩返ししましょう。」

私には願いがある
実現にはほど遠い道のりだけれど
恩返しの全てを注ぎ込みたい

-----------------
モモコ家のクリスちゃんが9日の夜、天使になりました
優しく暖かい家族に見守られて、精一杯頑張ってくれました
ありがとね
虹の橋の向こうでみんなと遊んで待っててね

まだ5ヶ月の小さなクリスちゃん、一生懸命守ってこられたご家族のお心はさぞかしお辛いこととお察しします
心よりお悔やみ申し上げます
---------------

人の心に深く息づく命を見送らなければならない痛みは、想像を絶するものがあります
それでも尚、命を預かり共に暮らすことを望むのは
彼らと暮らしたおかげで、わたしは人としてより幸せに今を生きている…
そう、私にとっては共に暮らすことが人生そのものだからです



| わかばちゃん 2002/4/17〜2009/2/27 | comments(4) | trackbacks(0) | posted by ワカバ -
7日目の今日、お天気も回復です 15:28
始めに、ここにはわかばの最後の姿があります
苦手な方はスルーしてくださいますようよろしくお願いいたします

わかばはこちらでは珍しい雪の舞う日に旅立ちました
怒濤のような日々が容赦なく足早に過ぎ去っていきます
わかばの温もりを思い出にしたくなくて、この手に温もりを留めたくて涙しました
亡くなって数日はわかばの気配を感じることができなくて
喪失感に心のやり場がなくなってしまったけれど
やっと、そばにいるよ、と感じることができるようになりました
わかばちゃん、感謝しているよ
ここにくるまでにたくさんの方たちに助けられましたが
最期を看取った後、私はずっと思ってきたことをすぐに実行しました
報告のため病院に電話し、今後の獣医療の発展のためにわかばの腎臓を提供したいと…
わかばが苦しんできたこの病気への対処方法が
少しでもこれからの猫さんたちにとってより良いものになって欲しいと願ったからです
わかばちゃんはすごいね!
多発性嚢胞腎は初期の段階ではなかなか気付かれることがありません
エコー検査などしない限り、日常生活には異変が見られないからです
異変に気付いたときはほとんど末期の状態で、打つ手は限られてしまいます

完治できる病気ではないので、わかったときから腎臓に負担をかけないようにして
如何にQOLを維持しながら延命できるかが大切です
幸いわかばは1才のときに発見することができ、今最善と思われる処置をして頂いてきました
この経過を踏まえた上で、外見からの想像だけでなく
実際の腎臓の態様を確認することは獣医療にとって大きな意味があるのです

わかばのやせ細った2Kgもない身体から、異様に盛り上がっている大きな腎臓
最初は悔しくて、この怪物のような腎臓をわかばの身体から取り去りたい感情もありました

悲しみが押し寄せる中、家族にも納得してもらい、すぐ病院へ
先生方の手に委ねて待ちました
そして取り出されたわかばの腎臓を目にしたとき、右腎で普通の大きさの長辺2倍以上
左腎は3倍近くあり、わかばの頭より大きかった…
中には大小様々な嚢胞がぎっしりと詰まっていて、その容積と様態は驚くものでした
正常な腎組織は目視では見られず、既に一部は壊死していました
こんな腎臓で、最後まで排尿することができていたことが信じられません
悔しくて憎らしくさえ思ったわかばの腎臓が、どうしようもない運命の歯車の中
全ての腎組織を使い切って、こんなになるまで頑張ってくれたのだと分かり
愛おしささえ感じてきました

わかばは、今の家庭猫としては短い猫生でしたが、PKDで6年前後しかもたない腎臓を持って生まれた中
持って生まれた身体を全て使い果たして逝ったこと、腎臓を確認することでとても納得できました
あの腎臓を見た瞬間、わかばは100歳まで生きてくれた猫だと思えたのです
わかばは、天寿を全うしてくれた命であったと思います。

一段と軽くなったわかばは、先生方の優しい対応で綺麗な姿になって再びお家に帰ってきました

わかばの身体とお別れした場所も、心優しい場所を見つけることができました
今までの子たちは近くでいろいろなお寺さんを転々と利用していたのですが
どこも満足できる場所ではなく、切ない思いをしていました。
2年前に亡くなった近隣の猫さんのとき、娘がこのお寺さんのホームページに行き着き
何かあったときはここにお世話になりたいと思っていたのです
まるで眠っているような安らかなお顔です
清潔感のある分院で、お経をあげる間住職さんがもたれていた小さなピンクの数珠をわかばの手に通し
お花と私たち&猫さんzの写真、食べたかったご飯とお水、口内炎を癒して旅立ってもらうためのお薬
大好きだった笹の葉や海苔、三つ葉などと一緒に旅立ちました
わかばちゃん、ありがとう!
わかばちゃん、ありがとう!
そして目にしたわかばの骨は、しっぽの先から爪に至るまで全ての骨が綺麗に並べられていて、びっくりしました
家族の気持ちを思って、大切に大切に調整してくださった賜物です
住職さんが、のど仏と同じ姿をしてくださって、わかばののど仏がとても立派だったことにも感動しました
みんなで納めて、泣きながら帰ってきましたが、お寺さんの対応が私たちの心を癒してくださったことに感謝しています

その後の数日間、猫さんたちのお皿を用意するときにも数を減らすことができずに心が乱れたり
思い出す姿が闘病時の切ない姿ばかりで…
押し寄せるやりきれない思いに何も手につけることができませんでした

いつかこの日が来ると、いくら覚悟していても、その日を想像することはできません
反省や切りのない思いは多々あります
でも、わかばが十分すぎるくらい頑張って生きてくれて、とても有り難くて、今は後悔はありません

完治することのない病気、快方に向かわないのなら、家で看取りたい…
でも、この「快方に向かっていない」を判断することはとても難しいことでした
何気ないちょっとした音が引き金になり、腎性の痙攣発作を起こしてしまう中、
最後の4日間を病院で過ごさせたことに迷いもありましたが
最期を穏やかに逝くことができたのは、病院での処置があったからだと思います

うろたえ、悩み、迷う中、覚悟して家に連れ帰る判断をしたときにも
病院側で出来る限りの援護をして頂きました
酸素ボンベやレンタル酸素室の手配なども、とても心強く有り難かったです

病院から帰る間中、酸素をあげていましたが、飲み込むような動きが数秒おきにずっとあって(1時間余り)
時々頭を持ち上げて振ったりしていました
自宅に入って酸素ボンベを設置した時には呼吸があったのですが、着替えて様子を見たときには
そのままの姿勢で、既に呼吸は止まっていました
泣き叫びながら人工呼吸を試みましたが、わかばはやっと苦しみから解き放たれたのです
この期に及んで、もっとと願うことは人間のエゴでしかないと気づき、わかばにありがとうと声をかけました

小さな身体で、痛みも苦しみもじっと我慢していた姿を思い出すたび
あのとき、せめて痛みをとってあげることができたらと、切なくなります
今はただただ、わかばの全てが愛おしくてたまりません
でも、ひたすら泣いて少し心が落ち着いたら
これからはわかばと過ごした時間をゆっくり振り返ってみたいと思っています
いつかあちらでまた会えるその日まで、思い出を大切にしていきたいと思います
わかばちゃん、これからも一緒だよ
最後に、失った悲しみを一番癒してくれるのは、今までに積み重ねてきた幸せな時間だと思います
虎之助のときは、わずか生後3ヶ月でのお別れで…
しかも出会ってからのほとんどの時間が虎之助にとって闘病という辛いものでした
だから、とてもとても時間が必要で、今でもあの時の虎之助を思うたび、切なさが消えることはありません
でも、そんな感情とは別に、小さかった虎之助はもう生まれ変わっていて、そばにいるような気も・・・します

幸せな表情を見せてくれた時間はとても貴重です
ほんのわずかな時間でも幸せを感じ合える時間がもてたら宝物になります

長々ととりとめもなく、書き連ねてしまいましたが
皆様と猫さんzのご健康を心からお祈りいたしております

お世話になったみなさまへのお礼の気持ちを込めて
ワカバ

All Aboutの猫の多発性嚢胞腎(PKD)の記事にわかばちゃんが登場しています
| わかばちゃん 2002/4/17〜2009/2/27 | comments(6) | trackbacks(0) | posted by ワカバ -
わかばちゃん、虹の橋の向こうに旅立ちました 19:15
わかばちゃん、先ほど大きく苦しむこともなく旅立ちました
我が家に連れて帰った直後のことでした
長い間、小さな身体でとてもよい子に頑張ってくれました
心からありがとう

応援してくださった皆様、有り難うございました
たくさんの関わってくださった皆様に感謝を申し上げます

しばらくブログはお休みさせて頂きます
| わかばちゃん 2002/4/17〜2009/2/27 | comments(24) | trackbacks(0) | posted by ワカバ -
わかばちゃんの眼差し 00:28
ジュルのしっぽ−猫日記−さんでは、「犬猫の殺処分方法の再検討を求める署名」を募集していらっしゃいます(4月末くらいまでだそう)。
是非「ジュルのしっぽ」さんのブログを訪問してみてください。
同じ意見をお持ちになっていらっしゃる方、是非どうぞ!
-----------------------------------------------------------------------------------------------

言いたいことがありそうです・・・
2月8日のわかばちゃん

2月5日のわかばちゃん
今日の面会時、行くと既に顔を持ち上げていました
小さな声で鳴きながら、頭をこちらに向けてくれています
お水をあげるとゆっくり少しずつ飲んでくれました
左手をお皿の縁にかけながら
頭を持ち上げるには力がいるので、お顔は皿の中にもたれるように入れたまま
お水の中にお口を浸した感じで時々舌を動かしてゴックンします

今日は座ることはなく、すぐに疲れて動かなくなってしまいました
でも、今日は体温も自力で何とか37度(昨日は36度)を維持していたそうです
起きている時間も結構長かったそう
良い兆しでありますように!


---------------------------------------------------------------------
保護された猫さんたちの新しいお家を募集しています。こちらを見てね、可愛い若猫もいますよ♪

| わかばちゃん 2002/4/17〜2009/2/27 | comments(2) | trackbacks(0) | posted by ワカバ -
わかばちゃんが好きなこと 00:18
ジュルのしっぽ−猫日記−さんでは、「犬猫の殺処分方法の再検討を求める署名」を募集していらっしゃいます(4月末くらいまでだそう)。
是非「ジュルのしっぽ」さんのブログを訪問してみてください。
同じ意見をお持ちになっていらっしゃる方、是非どうぞ!
-----------------------------------------------------------------------------------------------

洗面台に上がってお水で遊ぶのが大好きで、ジャンプができなくなってもこそこそと洗面台に向かっていました
抱えて上げてあげると満足そうです♪
2月14日のわかばちゃん

2月14日のわかばちゃん

2月14日のわかばちゃん
わかばちゃん、ゆっくりゆっくり良くな〜れ

昨日の面会では、もうダメかも…と覚悟せざるを得なかったけれど
今日の面会では、小さな小さな声で何度も何度もお返事してくれました
持参したボウルでお水も少し飲んでくれました
ちょっとだけ、座る姿も見せてくれました
ありがとね

みんなが見守ってくれているよ、祈ってくれているよ
力にしてね

---------------------------------------------------------------------
保護された猫さんたちの新しいお家を募集しています。こちらを見てね、可愛い若猫もいますよ♪

| わかばちゃん 2002/4/17〜2009/2/27 | comments(4) | trackbacks(0) | posted by ワカバ -
2月14日のわかばちゃん 01:55
ジュルのしっぽ−猫日記−さんでは、「犬猫の殺処分方法の再検討を求める署名」を募集していらっしゃいます(4月末くらいまでだそう)。
是非「ジュルのしっぽ」さんのブログを訪問してみてください。
同じ意見をお持ちになっていらっしゃる方、是非どうぞ!
-----------------------------------------------------------------------------------------------

弱ったわかばちゃんの写真は撮ることができません…
でも、頑張っているわかばちゃんが、少しでも調子よくなりますように!

14日に、箱入り娘らしくご満悦な表情をみせてくれたときの一枚です


---------------------------------------------------------------------
保護された猫さんたちの新しいお家を募集しています。こちらを見てね、可愛い若猫もいますよ♪

| わかばちゃん 2002/4/17〜2009/2/27 | comments(8) | trackbacks(0) | posted by ワカバ -
わかばちゃん、調子悪すぎです… 19:15
ジュルのしっぽ−猫日記−さんでは、「犬猫の殺処分方法の再検討を求める署名」を募集していらっしゃいます(4月末くらいまでだそう)。
是非「ジュルのしっぽ」さんのブログを訪問してみてください。
同じ意見をお持ちになっていらっしゃる方、是非どうぞ!
-----------------------------------------------------------------------------------------------

温かいプレゼントを受け取りました
びっくり&嬉しくて…
小さな身体で頑張っているわかばちゃんです
願いが届きますように

愛してるよ♪
21日に急遽病院へ行きましたが、帰ってきてから歩くことができなくなりました
それでもトイレだけは行こうと頑張ります
頑張らなくていいのに…
時々無意識に出てしまって身体が濡れてしまうので、ペットシーツを敷き詰めています


---------------------------------------------------------------------
保護された猫さんたちの新しいお家を募集しています。こちらを見てね、可愛い若猫もいますよ♪


| わかばちゃん 2002/4/17〜2009/2/27 | comments(4) | trackbacks(0) | posted by ワカバ -
今朝のわかばちゃん 22:01
ジュルのしっぽ−猫日記−さんでは、「犬猫の殺処分方法の再検討を求める署名」を募集していらっしゃいます(4月末くらいまでだそう)。
是非「ジュルのしっぽ」さんのブログを訪問してみてください。
同じ意見をお持ちになっていらっしゃる方、是非どうぞ!
-----------------------------------------------------------------------------------------------









今朝も病院でビタミン剤他、入れて頂きました
口内炎、出血は止まりましたが、痛みがあってか食事もお水も摂れません
食欲があってご飯やお水の前に座るのに食べられないなんて切ないです
嫌なことはしない、と言いましたが、このままでは衰弱してしまうので高栄養の強制給餌を始めました
嫌な思いをさせるので、できるだけ口内炎の痛みを和らげることができるよう、サプリにもトライします

まだ食べたい力が残っているうちに、できることをしてみます
口内炎の痛みさえなければ、食べる楽しみを味わえるようになるはずだから
やっかいな口内炎だけれど、痛みを緩和できれば、まだまだ楽しめるはずだから

---------------------------------------------------------------------
保護された猫さんたちの新しいお家を募集しています。こちらを見てね、可愛い若猫もいますよ♪




| わかばちゃん 2002/4/17〜2009/2/27 | comments(4) | trackbacks(0) | posted by ワカバ -
わかばちゃんの近況 02:08
ジュルのしっぽ−猫日記−さんでは、「犬猫の殺処分方法の再検討を求める署名」を募集していらっしゃいます(4月末くらいまでだそう)。
是非「ジュルのしっぽ」さんのブログを訪問してみてください。
同じ意見をお持ちになっていらっしゃる方、是非どうぞ!
-----------------------------------------------------------------------------------------------

調子の良いとき悪いとき、一喜一憂しながら見守っています
2月に入ってほぼ毎日皮下補液をしていますが、逃げ腰ながらも受け入れて
補液の後のご褒美(お刺身マグロ少量)は完食してくれます

でも、食欲を維持するのが厳しい・・・
この缶詰を食べてくれた、と思っても、翌日には食べなくなる
カリカリは全く食べない日が多いし…
ゆっくりヨロヨロ、寝てばかりの日も多いけれど
まだまだ乗り越えてくれるとみています
                                           調子の良いときのわかばちゃん♪
集中力もあります

じーーーーーっ

じ〜〜〜〜〜っ

それほしいにゃ
             時に遊び心を見せてくれるのね♪
これこれ♪



---------------------------------------------------------------------
保護された猫さんたちの新しいお家を募集しています。こちらを見てね、可愛い若猫もいますよ♪



| わかばちゃん 2002/4/17〜2009/2/27 | comments(10) | trackbacks(0) | posted by ワカバ -
| 1/4 | >>