ねこえほん猫と暮らせる幸せに感謝
人生も犬猫生も共に幸せでありますように

| CALENDAR | RECOMMEND | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE | OTHERS |
どらみちゃん、ありがとう 08:42

JUGEMテーマ:動物愛護

 

 

クリスマスの朝、どらみちゃんは旅立ちました

 

ずっと耐えるように箱座りをしていたのに

20日頃、横になって手足が伸びた状態で眼を閉じていたので

もうダメかと名前を呼んだら

カッと眼を大きく見開き魂が戻ってきたみたい

 

そして、22日(ニャンニャンの日)まで持つかな・・・

イブの日まで持つかな・・・

という状態で頑張り




 

25日3時過ぎまで意識はしっかりあって

呼ぶとかすかに頭を持ちあげる

 

最後は鼻に液体が逆流してきたので

窒息しないよう頭を持ち上げていましたが

4時過ぎには反応が全くなくなり

脂肪も筋肉も全てのエネルギーを使い切って

25日7時頃穏やかに旅立っていました

 

頭を撫でる私の手が顔に触れるとご飯かと探すので

刺激が少ないスープをあげても

口にした途端、掻きむしる痛さが襲う

 

食べたい、飲みたいという思いに応えたい

あげない方が痛い思いをさせない

この葛藤が切なかった

 

亡くなった後、どらみちゃんを苦しめたお口の中を確認したら

下の両犬歯が上あごに穴を開けていました

 

どらみちゃんは保護時から食べることが大変で

抜歯はしたけれど手の着けようがない酷い状態

それから2年

食べる、お口を掻きむしる、を繰り返しながら

本当に本当に一生懸命に

食べることを諦めず頑張って生きてくれました

 

排泄の問題もあり

器の小さいワタシには戦いのような日々でもあったけれど

特別な思いを残してくれた気高い魂の猫さんでした

 


-10月13日のどらみちゃんと27日にお別れをしたお花の中のどらみちゃん-

 

 

 

-2年前の食べて満足「ドヤ顔」のどらみちゃん-

 

誰が来ても物怖じせず

人の前に「デン」と座り

人にズンズンと迫る

唯一無二の

愛おしいどらみちゃん

 

生まれ変わって猫生ならば

どらみちゃんを愛し最期まで慈しんでくれる

素敵なご家族とのご縁でありますように

 

 

 

 

 

 

| 保護猫さんたち | comments(1) | trackbacks(0) | posted by ワカバ -
スポンサーサイト 08:42
| - | - | - | posted by スポンサードリンク -
Comment








キャリーのまま・・でしたね

どらみちゃん江
可愛らしいお名前をつけてもらって、よかったね
ワカバさんと出会えて本当によかったね
そうだね〜、今度は猫ちゃん?ワンコさんかな?
きっと、良い事がたくさんあるよ
今は、ゆっくり美味しいモノをたくさん召し上がれ

どらみちゃんのご冥福を心からお祈り申し上げます
posted by tamapi | 2016/12/30 7:49 PM |
Trackback
この記事のトラックバックURL: http://nekoehon.jugem.jp/trackback/1606
<< NEW | TOP | OLD>>